必要な備品(その2 その他の備品)

行政書士事務所の開業の際に、パソコンとプリンター以外に必要なものは何でしょうか?

机、イス、本棚、ファックス、コピー機、電話。これだけは必須でしょう。事務所スペースに余裕があれば、応接セットも用意しておくとよいかもしれません。

そして、事務所内に最低一つは、「鍵のかかる物入れ」があった方がよいです。顧客の個人情報書類などを入れておくためです。開業序盤は、スチール机の鍵付きの引き出しで十分かもしれません。余力が出てきたら、別途、鍵のかかる本棚などを購入しましょう。

更に、細かい文具が必要ですが、これらは自然に揃っていくでしょう。例えば、ホッチキス、朱肉、印鑑マット、電卓、穴あけパンチ、定規、クリアファイルやクリップ、フセンの類、ノート、コピー用紙、封筒、ファイル、来客用コーヒーカップ・・・・こうしたものは、一度に購入しようとすると大変ですので、必要なものから、徐々に揃えればよいと思います。

それから、名刺と行政書士の職印が必要です。職印については、後でご説明します。また、事務所の住所が彫ってあるスタンプもあると便利です。

さて、最初に作る名刺の枚数ですが、個人的な意見では、まず100枚くらい作ればよいのではないかと思います。300枚、500枚と、大量に発注すれば、1枚当たりの単価は安くはなりますが、使いきらないうちに、事務所で扱う主力業務が変更になったりすることは珍しいことではありません。

「会社設立専門の行政書士をやるぞ!」と思って、名刺にその旨を記載しても、許認可などの別業務が入ってきて、いつの間にか、そちらが主力業務になったりする場合もあるのです。

ですから、開業序盤にビジネス交流会の予定などをいくつも入れていて、大量の名刺を配る予定がなければ、100枚、多くても200枚くらいずつ作成していくのが、無駄がないのではないかと思われます。

また、名刺を作りかえる度に、過去に営業に行った見込み客のところに「名刺を新しくしたので、また営業にきました!」と、再訪問する口実にもなりますよ。





あなたも活躍できる!
開業した行政書士のリアルな仕事ぶりを見てみる
↓ ↓ ↓