行政書士会入会にかかる費用は?

行政書士になるには、都道府県の行政書士会への入会が必要であると、前に書きましたが、入会にあたっては、入会金が必要になります。

東京都行政書士会の場合、登録手数料25,000円、入会金200,000円、3ヶ月分の前払い会費18,000円がかかります。更に、登録免許税として、30,000円分の収入印紙が必要です。収入印紙は郵便局などで購入したものを、書類に貼りつけることになります。前払い会費を除いても、入会時に255,000円が必要になりますね。

また、政治連盟会費というものもあります。政治連盟会費も、3ヶ月分の前払い会費として、3,000円を納付します。

この「行政書士政治連盟」への入会は任意とされており、中には、「私は会費は支払いません」と主張する行政書士もいます。しかし大部分の行政書士は、政治連盟の会費も支払っているようです。

さて、上に書いたものは、東京都行政書士会への入会費用ですが、他の都道府県行政書士会では、いくらくらいなのでしょうか?入会金を少し比較してみると・・・神奈川県行政書士会の入会金は、150,000円、大阪府行政書士会の入会金は、250,000円です。都道府県によって違いはあるものの、なかなか高い金額ですね。

このような、入会金や登録費用などの他にも、最初に行政書士会で購入しておくべきものがあります。

まず行政書士会の職印です。これは「行政書士○○○○の印」と彫ってある四角い印鑑で、その行政書士が書類を作成した際に押印するものです。これは必ずしも行政書士会を通じて購入する必要はありませんが、大きさなどの規格が決められておりますので、行政書士会で購入してしまった方が面倒がないかもしれません。印鑑の素材にもよりますが、数千円くらいでしょう。

それから、行政書士バッジ。これは、業務中は着用するもののようですが、あまり着用している人を見たことがありません。・・・が、必要だと思います。都道府県行政書士会で購入できるもので、2,500円前後だと思います。

それから、業務に必要なものとして、職務上請求書があります。これは1冊500円程で、行政書士会で購入できます。

その他にも、業務簿や表札など、行政書士会で購入できるものはありますが、こうしたものは、必要に応じて揃えて行けばよいでしょう。





あなたも活躍できる!
開業した行政書士のリアルな仕事ぶりを見てみる
↓ ↓ ↓