行政書士会の毎月の会費は?

さて、事務所所在地の行政書士会に入会すると、当然ですが、月々の会費がかかるようになります。また、政治連盟会費も、毎月かかります。

更に、都道府県の行政書士会は、いくつもの支部に分かれていて、その支部会費もかかるところが多いようです。

ちなみに東京都の場合は、1ヶ月の会費は6,000円です。これは、入会時に、まとめて3ヶ月支払い、その後は、3ヶ月に1回、3ヶ月分が銀行口座から引き落とされます。

東京都の政治連盟会費は、1ヶ月1,000円で、こちらも入会時に3ヶ月分を支払い、その後も3ヶ月分ずつ、引き落とされていきます。

支部会費ですが、これは支部によって違います。しかし、1ヶ月数百円から1,000円くらいでしょう。

こうして考えると、東京都の場合、行政書士会の会費だけでも、1ヶ月に7,000円以上かかることになります。1年だと、支部会費を除いても84,000円。結構な額になりますね。

では、他の都道府県はどんな感じなのでしょうか?
千葉県行政書士会の1ヶ月の会費は、4,500円、政治連盟会費は500円。
大阪府行政書士会の1ヶ月の会費は、5,500円、政治連盟会費は500円。
このように、少しずつですが、都道府県によって違いがあるようです。

「行政書士会の会費って、高すぎるよ!払うのがもったいないよ。」と思う人も多いかもしれませんが、それなら、無駄にしないようにしましょう。こうして集められた行政書士会の会費は、行政書士会館の維持費や職員の給与などにも使われますが、会員向け研修会の費用にも使われているのです。

行政書士会では、色々な業務研修会が行われています。会社設立の実務研修会、許認可関係の実務研修会、相続関係の研修会、成年後見関連の研修会・・・こうした実務に関する研修会を、無料で、あるいは格安で、受講できるのです。受講した方が、絶対に得です

せっかく毎月の会費を納めているのですから、こういうところで、しっかり取り返しましょう!





あなたも活躍できる!
開業した行政書士のリアルな仕事ぶりを見てみる
↓ ↓ ↓