年齢による違いは? 

行政書士の試験は、受験の際に年齢制限がありません。70歳を過ぎている、世間ではとっくに引退していてもおかしくない世代からも毎年のように合格者が出ていますし、理論上は小学生であっても受験可能です(もちろん開業するとなると、未成年では合格していても登録ができませんからしばらくおあずけになりますが)。

とにかく大事なことは、行政書士の仕事は何歳からでも目指せるということでしょう。学生が若いうちから目指すのもいいですし、もう普通の転職が難しい世代から、開業を目指すのもいいことです。

とにかく、年齢の縛りがないことはありがたいことです。しかし行政書士で開業してからは、年齢の影響を受けることも往々にしてあるようです。

・20代のような若年層の場合
社会人経験が3年以上あればだいぶ違いますが、まず社交マナーや一般常識の面で後れを取るケースがあります。自信がない場合はどこかで、マナー研修等を受けておきたいところです。もちろん、若いことで「経験が少なさそう」などと色眼鏡で見られることはあります。

・30代~40代のような年齢層の場合
行政書士の合格者の中では多数派だといえます。ただし、開業に失敗してももう20代までと違い、やり直しが難しくなっていることを意識して行動する必要はあります。独り身であればまだいいですが、家庭がある場合は特に責任もありますから慎重さも行動力も両方求められるでしょう。また、行政書士として軌道に乗るまでの道のりを考えると、開業後1~2年くらいはやっていけるくらいの貯えは持っておきたいところです。 依頼人からは、年齢を理由に不利益をこうむることは比較的少ないですが、その分じゅうぶんな能力があるものと最初のうちから期待される傾向も強くなります。しかし最初のうちはいろいろと話を聞きながら仕事を覚えていかないといけない立場でもあり、早めに仕事に適応していかないといけません。

・50代以上の、シニア層と呼べるような年齢層の場合
昔からこうした世代の開業者はいて、珍しい存在というわけではありません。特に近い世代の依頼人からは、安心できそうだと思われることも多い反面、もう若くないという理由から敬遠されることもあります。特に「フットワークが軽くなさそう」「電子申請や、IT関係の仕事は頼めなさそう」といったイメージを持たれやすいことも否定できません。新しいことにどんどん貪欲に取り組んで吸収していく姿勢をなくさないことが重要でしょう。

いずれの年齢でも、明確な戦略を立てて、実績を積んでいくことは共通して大事ですね。そのあたりを誤解せずに、開業後の活動方針を考えていくべきでしょう。





あなたも活躍できる!
開業した行政書士のリアルな仕事ぶりを見てみる
↓ ↓ ↓