行政書士試験で、通信講座の成功率とは

行政書士の3通りの勉強法の中で、いちばん遅くに出てきたのが通信講座による方法でしょう。

通信講座は、独学および通学の勉強法の狭間にある種類でもあります。両者のいい部分をなるべく取り入れることに成功した方法と呼べるでしょう。

代表的な、通信による行政書士受験のメリット・デメリットは次の通り。

メリット
・独学と同様で、勉強時間を自主的に決められる
・通学とほぼ同様で、勉強を教えてもらえる
・しかし体力等をロスすることはまずない
・教材が近年進歩しているため、勉強がしやすくなっている

デメリット
・通学ほどではないにせよ、授業料は必須
・講師への質問は、直接にはできない
 (電話やFAX、Eメールほか通信ツールを使って代用)
・教材にコンスタントに取り組まないと、部屋の中に未見の教材が溜まってしまう

通信で行政書士の学習することは、教材が進化したことで大いに効率が飛躍しています。DVDやCD、さらに会員制のWebサイト等を教材やコミュニケーションに取り入れているため、かつての弱点も大幅に解消されてきました。

以上の流れを踏まえると、独学と通学のどちらにするかでためらってきた人には、おすすめできるものがあるとしたらそれは通信教育でしょう。通信教育も種類が増えたため吟味する必要がありますが、それでもおおぜいの行政書士受験者の合格を支えてきた実績があります。
幅広い受験者を受け入れられる、通信講座の奥ゆかしさに早めに視線を集中させることが大事です。





あなたも活躍できる!
開業した行政書士のリアルな仕事ぶりを見てみる
↓ ↓ ↓