自宅開業のメリット

行政書士事務所を開業するとき、自宅の一室で開業するか、それとも事務所を賃貸するか、とう問題が出てきます。まず、自宅で開業する場合のメリットを考えてみましょう。

開業時に、「最初は自宅で始めよう。」と考える人は、なかなか多いものです。特に、定年退職後に行政書士事務所を開業する人などは、これから新しく事務所を借りたりせずに、自宅の一室でのんびりやっていこうと思う人も多いでしょう。また、若い人でも、開業資金が少ない場合などは、最初は自宅で開業し、収入の入り具合を見極めてから、外に事務所を借りようと考える人もいるでしょう。

自宅開業のメリットは、何といっても、事務所家賃がかからないことです。自宅の外に事務所を借りようと思えば、事務所家賃がかかります。地域にもよりますが、1ヶ月に数万円から十数万円、広い事務所を借りれば数十万円もの家賃が、毎月、出て行きます。更に、電気代や電話代もかかります。しかし自宅兼事務所の場合は、事務所家賃もかからず、事務所分の電気代や電話代の基本料金が、別途かかることもありません。また、事務所を借りる際の権利金などもゼロです。

次のメリットは、通勤をしなくてもよいことです。会社員の場合も同じですが、自宅と職場との往復に1~2時間程かかる人はたくさんいます。自宅開業の場合は、この1~2時間を仕事に充てることができます。また、通勤費もかかりません。

他のメリットとしてあげられることは、いつでも仕事ができることです。開業したての頃は仕事がないかもしれませんが、事務所が軌道に乗ってきた場合、何件もの仕事が集中して入ってくることがあります。そして、その仕事の期限が近いときなどは、夜中まで仕事をせざるを得ない状況がでてきます。

こうしたときに、自宅開業の場合は、終電の時間を気にすることなく、夜中まで仕事をしたり、途中で仮眠をとったりすることもできます。このように、時間が自由に使えることは、自宅開業の場合の、非常に大きなメリットです。





あなたも活躍できる!
開業した行政書士のリアルな仕事ぶりを見てみる
↓ ↓ ↓