行政書士試験で、通信講座の成功率とは

行政書士の3通りの勉強法の中で、いちばん遅くに出てきたのが通信講座による方法でしょう。

通信講座は、独学および通学の勉強法の狭間にある種類でもあります。両者のいい部分をなるべく取り入れることに成功した方法と呼べるでしょう。

代表的な、通信による行政書士受験のメリット・デメリットは次の通り。

メリット
・独学と同様で、勉強時間を自主的に決められる
・通学とほぼ同様で、勉強を教えてもらえる
・しかし体力等をロスすることはまずない
・教材が近年進歩しているため、勉強がしやすくなっている

デメリット
・通学ほどではないにせよ、授業料は必須
・講師への質問は、直接にはできない
 (電話やFAX、Eメールほか通信ツールを使って代用)
・教材にコンスタントに取り組まないと、部屋の中に未見の教材が溜まってしまう

通信で行政書士の学習することは、教材が進化したことで大いに効率が飛躍しています。DVDやCD、さらに会員制のWebサイト等を教材やコミュニケーションに取り入れているため、かつての弱点も大幅に解消されてきました。

以上の流れを踏まえると、独学と通学のどちらにするかでためらってきた人には、おすすめできるものがあるとしたらそれは通信教育でしょう。通信教育も種類が増えたため吟味する必要がありますが、それでもおおぜいの行政書士受験者の合格を支えてきた実績があります。
幅広い受験者を受け入れられる、通信講座の奥ゆかしさに早めに視線を集中させることが大事です。

行政書士の勉強法で、通学を試みるとどうなるでしょうか? 通学する場所にも、最近はいろいろなケースがあります。専門学校や資格の学校、さらには生涯学習を標榜しているサービスがいろいろとある時代なのですが、ここでは資格の学校を中心としたオーソドックスな通学方法について考察してみましょう。

代表的な、通学による行政書士受験のメリット・デメリットは次の通り。

メリット
・決まった時間に決まった会場に移動して行政書士の勉強をするという習慣を身につけることができる
・講義を目の前で聞ける(欠席したら、代替講義等を受けられる確率も上がっている)
・講師に質問をする機会が多い

デメリット
・往復の移動でかなりの時間と体力が失われる
・費用が平均して高い
・自宅でも勉強はしなければならない
・学校・講師によって内容の格差が激しい(近年は不景気による予算不足から、質が落ちている講座が増えている)

行政書士の通学講座にはこのように、はっきりとしたメリットとデメリットがあります。この両者をはかりにかけて、どちらのほうが大きいかを冷静に区別しないといけません。
もちろん、うまくいくケースだってありますがそれはどちらかといえば少数派で、多数派はデメリットの側が強く出てしまうことによる失敗例のようですね。

通学先を今ちょうど探している最中だったら、このような実態と学校の持つ条件をよく吟味してから決めるに越したことはありません。

行政書士の資格を取得するとき、勉強方法は3通りに分岐するといわれています。

その中のひとつに、「独学」があります。よく見かける質疑応答に、「独学で行政書士に合格できるか?」というものがあります。

独学で行政書士に受かる確率は、その他の2方法(「通学」と「通信」)と比較して低いでしょう。つまり不可能ではないですが、かなりの困難を伴ってしまうという意味ですね。

代表的な、独学による行政書士受験のメリット・デメリットは次の通り。

メリット
・自分の予定に合わせて勉強時間を決められる
・授業料等のコストがいっさいかからない
・どこにも行かなくてよいため疲れない

デメリット
・独りよがりな勉強を、いつの間にかやり続けてしまう恐れがある
・疑問点を自力で解決する必要がある
・誰も勉強をそそのかさないため、離脱する恐れがある
・予定を立てたとしても、試験日までに消化し切れないパターンが多い

行政書士の独学者には実際のところ、デメリットの部分が如実に顕在化してしまうパターンがたくさんあります。その情報は、それなりに世の中に浸透しているかもしれません。それでもなお独学を試みる受験者が絶えないのは、結局メリットの部分がひたすら魅力的だからでしょう。

しかし完全に独学だけで行政書士に合格することは、至難の業であると結論せざるを得ません。独学に比較的近い通信を取り入れたり、あるいは通信と独学の中間的な方法を取ったりと、何らかの形で妥協を図ることをおすすめします。





あなたも活躍できる!
開業した行政書士のリアルな仕事ぶりを見てみる
↓ ↓ ↓